初心者向き簡単・時短な出汁の取り方!鰹と昆布をブッコムだけ!

今日は初心者向きな時短で簡単にできる出汁の取り方をお伝えしていこうと思います。

出汁って聞くとなんか難しい感じがしますが、実は初心者でも簡単に取れる方法もあるんですね!

 

出汁といっても色々ありますが、僕は和食やっていたのでカツオと昆布の出汁の取り方について説明していこうと思います。実はこのお出汁は料理をおいしく作るうえで、非常に重要な役割があります。

 

科学的なことは説明しようと思えばできるのですが、そういのはプロのお仕事ですのでお気になさらず^^

家庭で出す料理なら中華や洋食にもアレンジできたりしますので、ぜひ覚えておきましょう。ようするにこれがあれば旨くなる!!ということです!!

それでは行きましょう~~

 

鰹と昆布の出汁をとるのに必要なもの

まずは道具がなくてはできないですねということで

  1. カツオ節(削り節)30g
  2. 昆布10g(手のひらサイズぐらい)
  3. お湯を沸かすための鍋と水1ℓ
  4. ざる&ボール
  5. キッチンペーパー(できればリードペーパー)

一応簡単な出汁の取り方ですが、これらの道具や食材は必須となりますので、そろえましょう♬スーパーに行ったら大体売っているものだと思います。

削り節とは聞いなれない方もおられるかもしれないですが、厚めに削ってある鰹節です。しっかりとしたお出汁をとることができます。

 

基本のお出汁の取り方

さっそく鰹お昆布の出汁を取っていこうと思うのですが、こちらの方法は初心者向けではなく基本の出汁の取り方で正直面倒です。w

僕も家で出汁を取るときはやらない方法なので、興味ない方は飛ばしましょう!

 

●まず鍋に水と昆布を入れて火にかけていきます。
ぷくぷくと小さい泡が出てきたら弱火にしてそのまま30分ぐらい待ちます。
※沸騰させてはいけません。昆布の雑味がでてきます。

●30分経ったら昆布を取り出します。

※取り出した昆布は刻んであえ物に混ぜたり再利用できます。

必要なければ捨ててもかまいません。

●昆布を取り出したら強火にして昆布の出汁を沸騰させます。

※これをすることによって昆布の臭みや雑味を飛ばすことができます。

●沸騰したら火を止めて鰹節をいれる。

●そのまま10分ほど待つ 。
ざるにキッチンペーパーをしいてボールのなかに濾していけば完成!!
どうでしょう??結構簡単ではないですか?いままでよくわからなくてチャレンジしてこなかった人もいるのではないでしょうか。これを機に1回チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
これはあくまで基本的な取り方です。
もっと本格的に出汁をとりたい方はこちらもどうぞ  → だしの作り方

初心者向け簡単&時短でお出汁を取ろう

家庭ではこれで十分ですし、簡単で初心者向けです!

そして何よりも時短ですので、家庭料理にはもってこいの方法ですの!

主婦(夫)の方や一人暮らしの方はなかな時間がないと思いますので、こちらの方もお教えしとこうかなと思います。というかこれで十分です^^

 

ということで次はお手軽時短なお出汁の取り方を見ていきましょう。

 

●鍋に火を沸かし沸騰したら火を止めて、カツオと昆布をぶっこみます!

15分ほど待ったらざるにペーパーをしいてボールに濾し入れたら完成!!

はやっ!w

こんな感じで実はおいしいお出汁が簡単に時短で取れてしまうのです。今まで何故やってこなかったんだ..

てなりますよね(´ρ`)ご家庭の場合はこのやり方で十分おいしくできますので是非ためしてみてください。

ポイントは材料を煮立たせないということですね。

 

せっかくですので一度は両方試してみて味の違いを楽しむのもいいかもしれないです♪

お吸い物や薄口のお出汁にしたい場合は完全に前者の方がおススメです!

 

こだわりがない場合や初心者の場合は後者で十分でしょう^^

 

鰹と昆布のお出汁の使い方

 

出汁取れるようになっても使わなければ意味がありませんよね。これ単体ではおいしいとは言い難いものです。お出汁が取れるようになった時、どのような料理に使えるのか、いくつか例に挙げてみたいと思います。

せっかく簡単・時短で出汁が取れたので料理の方に時間を割いていきましょう^^

お味噌汁

皆さんおうちでお味噌汁作りますか?最近では、お味噌に出汁が入ってるものも見かけますが、やはりお出汁を使うに越したことはありません。日本人みんな好きですよね。

もし水で作っている方おられましたら、一度お出汁に変えて作ってみましょう。豚肉入れて豚汁。にしても最高ですよね。

カレー

カレーうどんの出汁ってなんかいつも食べるカレーと違いますよね?

あれ和風の出汁を使っているからなんです。余ったカレーがある方、お出汁を加えておうどん入れて食べてみましょう。おいしいです。

雑炊

これもたまらんですよね!!冬場なんか特に体もあったまるし最高です。

子供のころよく作ってもらいました。

煮つけ

お魚の煮つけもカツオと昆布の出汁を使うことで、上品に炊くことができます。

ショウガを利かすと最高です!!

 

余ったらどうするの!?

どうしても使いきれないときは冷凍保存もできます。おいしさを追及する場合はおすすめしませんが。捨てるのが持ったいない!という方は冷凍庫で保存しときましょう。氷作る容器に入れると小分けもできて便利です。1週間以内には1使い切りましょう。

 

初心者向き簡単・時短な出汁の取り方!鰹と昆布をブッコムだけ!・まとめ

いかがでしたでしょうか?

鰹と昆布のお出汁は和風の料理を作っていくうえで、とても基本の部分になりますので、ぜひチャレンジしてみてください。

和風もお出汁はスープなどにも応用できますので、めちゃくちゃ便利です!とりあえず初心者の人は簡単に作れるお味噌汁などから使ってみると良いでしょう^^

 

もっとたくさんの使い方があって、1つにまとめても覚えきれないと思うので、小出しにしていくことにします^^

少しずつ料理の幅を広げていきましょう♪

BYE~~

1 個のコメント