中国武漢の新型肺炎はいつまで続く?テロ並みの脅威が終わる日は来る?

中国武漢の新型肺炎
スポンサーリンク

中国武漢の新型コロナウイルスによる肺炎がバイオテロ並みの脅威となってきました!

発見された当初は情報の少なさに、中国の生物兵器ではないのか?という声もありましたが、どうやら自然に発生したもののようです!

しかしながら中国武漢の新型肺炎のテロ並みの脅威はいつまで続くのでしょうか?

ワクチンの開発情報なども併せてみていこうと思います!

✅読んでわかること

  • 中国武漢の新型肺炎がバイオテロ並みの脅威!
  • 中国武漢の新型肺炎がテロと言われるのはなぜ?
  • 中国武漢の新型肺炎のテロ並みの脅威はいつまで続く?

 

中国武漢の新型肺炎がバイオテロ並みの脅威!

中国武漢で発生した新型肺炎ですが、テロ並みの脅威となっています!

新型肺炎が発見された当初は人から人への感染も確認されておらずに、感染力は弱いと言われていたのですが、時間が経つにつれて感染力が強まってきています!

2020年の1月に入ってからは「人から人への感染」も確認されていまして、命を落とす人も出てきています。

非常に危険です💦

日本での感染も発覚しましたので、他人事ではなくなっていますよね。

どうやら最初に発見されたのは神奈川県の中国人男性ということですが、素性などは明かされていません。

ただ退院していることは発覚していますので、日本での感染は防げたと考えても良いと思います!

中国武漢の新型肺炎がテロと言われるのはなぜ?

そんな中国武漢で発見された新型肺炎ですが、発見当初は本当にテロだと思われるぐらいの勢いでした。

どうやら原因は中国で食用とされているネズミのようですが、あまりの脅威にいまだ「バイオテロだ!」「生物兵器だ!」という声も聞かれます。

実際にこのような意見も。

 このようにテロと言われるのには訳がありまして、1つは中国武漢の新型肺炎の人から人への感染が確認されたことでしょう!

さらに新型肺炎が日本でも大きくとりあげられてきた2020年1月に中国は春節を迎えます。

中国の春節は実は毎年70万人ものひとが日本に訪れるのです!

さらには2020年に行われる東京オリンピックですよね!

世界中の人が集まる東京オリンピックですが、そこで人から人に感染してしまうと世界中に新型肺炎が拡大してしまします。

やはりオリンピックの事も非常に心配されているようですね💦

このようなことが心配されていてバイオテロ並みの脅威となるのではないか・・・と恐れられています。

スポンサーリンク

中国武漢の新型肺炎のテロ並みの脅威はいつまで続く?

中国武漢の新型肺炎のテロ並みの脅威ですが、いったいいつまで続くのでしょうか?

調べてみると、今のところ新型肺炎のワクチンは発見されていないようです!

どうやら新型肺炎のワクチンを開発するのには数年ほどかかるのではないのか・・・と言われています!

ということは新型肺炎の脅威がいつまで続くのかの答えとしては『最短で数年』ということになるのでしょうか?

新型肺炎の感染者は2020年1月20日で300人ほどと言われていて、亡くなられて人は6人にも及びます。

単純計算で50人に1人は命を落とすような病気ということです💦

非常に危険ですので、早くワクチンが開発されて欲しいですね。

中国の新型肺炎はいつまで続く?テロ並みの脅威が終わる日は来る?・まとめ

いかがでしたでしょうか。

本日は中国武漢で発生した新型肺炎について書いてい行きました!

日本での初感染は神奈川県ということですが、今後の感染拡大も心配でバイオテロ並みの脅威となる可能性も間違いなくあるでしょう💦

新型肺炎がいつまで続くのか、今のところは先の見えない状況ですが早くワクチンが開発されることを祈るばかりです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
それではまた次回お会いしましょう

スポンサーリンク