ラテイキ島がトンガに爆誕!噴火で出現した島の航空写真(画像)!場所はどこ?

本日はトンガに新しく噴火で誕生したラテイキ(lateiki)島の航空写真(画像)や場所を調べてきました!

まさに地球の神秘という感じのニュースですが、なんだかわくわくするようなニュースです!

ならないとは思いますが、将来的にリゾート地とかになったらめちゃくちゃ面白いですよね。w

トンガに誕生したラテイキ島とはどんな島なのでしょうか!

✅読んでわかること

  • ラテイキ島の場所
  • ラテイキ島の航空写真(画像)
  • ラテイキ島ができた経緯

ラテイキ(lateiki)島の場所!

トンガに突如誕生したラテイキ島ですが、場所はどこなのでしょうか?

引用:AFP BBnews

少しわかりにくいですが、ラテイキ島はラテ島とカオ島の間にあるようです!

どこ・・・って感じですが、グーグルマップさんにラテ島とカオ島がありました!

さすがです!w

二つの島は結構距離が離れていましたので、同時に表示されないのですが、カオ島は上にあります!

トンガに噴火で誕生したラテイキ島はその間にある・・・ということですね!

もちろん日本人にはなじみのない場所ですが、島が出現した場所はこの辺り・・・ということです!地図に反映されるのがいつなのか楽しみです♪

 

ラテイキ(lateiki)島の航空写真(画像)

次に気になるラテイキ島の航空写真(画像)です!

引用:oneindia

今のところかなりわかりにくい航空写真しかなかったのですが、このようになっています!

めちゃくちゃわかりにくい!w

実はラテイキ島の誕生が発表されたのは最近のことですので、まだ詳しい写真など海外のサイトを見ていても発見できませんでした💦

今後の発表を楽しみにしておきましょう♬

ラテイキ(lateiki)島ってなんでできたの?

そもそもラテイキ島ってなんでできたのでしょうか?

島が誕生するってすごく神秘的ですが、頻繁にあることでもないと思いますよね・・・

ラテイキ島ができた経緯を見ていきましょう!

 

ラテイキ島のできた経緯

ラテイキ島ができた経緯ですが、発表では

【南太平洋の島国トンガ沖で海底火山の噴火により、島一つが沈み、その3倍の大きさの新たな島が出現した。地質学チームが7日、明らかにした。

引用:yahooニュース

トンガに誕生したラテイキ島付近で、10月13日~31日まで18日間噴火を続けていたそうですが、その噴火により元あった島がつぶれたようです!

しかし、底に溶岩が固まってできたのだとか・・・凄いですよね!w

 

どうやら調べていると、ラテイキ島以外にもトンガでは数年前に、噴火により島が出現したことがあるようです。

やはり火山活動が盛な場所には島ができることもあるようですね!

日本では2013年に小笠原諸にも噴火で島が誕生したこともありましたね。

 

島の定義

島の定義って何?とふと思い調べてみました。

海洋法に関する国際連合条約(国連海洋法条約)第121条では、

  • 自然に形成された陸地であること
  • 水に囲まれていること
  • 高潮時に水没しないこと

の3つの条件を満たすものを「島」と定義している。

引用:Wikipedia

 

ということでこの条件にラテイキ島は当てはまるようです!

ラテイキ島は多きさが長さ100M、幅400Mとかなり大きい島のようですので、高潮では沈まないということなのでしょう。

今後ラテイキ島が大きくなることがあるのかはわかりませんが、気になりますね!

ラテイキ島がトンガに爆誕!噴火で出現した島の航空写真(画像)!場所はどこ?・まとめ

いかがでしたでしょうか?

本日はトンガに爆誕したラテイキ島の場所や航空写真を探してきました!

日本人にはほぼ、関係ないと思われますがひょっとしたら、何百年後にリゾート地とかになっているかもしれないですよね!w

今後どんな動きがあるのか注目です。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
それではまた次回お会いしましょう!

関連記事は⇓