小川よういちと野呂静代(サハリン)の現在とその後【アンビリーバボー】

中国武漢の肺炎
スポンサーリンク

本日は2020年1月放送の【奇跡体験アンビリーバボー】でも放送された、サハリンの小川よういちさんと野呂静江さんさんのその後と現在について調べてきました。

サハリンでは日露戦争に勝利したのちに日本人がたくさん移住したのですが、小川よういちさんと野呂静江さんもその中の一人でした。

野呂静江さんは時代に翻弄されて家族と離れ離れに、そんな声うけ家族再開を実現させるために立ち上がった小川よういちさん。

2人はその後どうなったのか、現在の様子について調べてきました。

✅読んでわかること

  • サハリンとは?
  • 小川よういちさんのその後と現在は?
  • 野呂静江さんのその後と現在は?

 

サハリンとは?【アンビリーバボー】

そもそもサハリンとは何?ということですが、樺太と言えば聞いたことがあるかもしれません。

1905年に日露戦争に勝利した日本が、樺太(サハリン)の南半分を統治します。

国を挙げて移住を推奨していたようで、最盛期には40万人もの日本人が住んでいたと言われています。

サハリンの場所がコチラ⇓

しかし、その後太平洋戦争が勃発し、日本と国交を絶ったソ連が実質的にサハリンを支配することになります。

サハリン出身者は日本に住んでいたのですが、時代が変わり1988年にはサハリンに帰ることが許されるようになります。

そこで小川よういちさんも自身の故郷サハリンに戻ることになるのです。そしてそこで一人の日本人野呂静代さんに出会います。

野呂静江さんはサハリンに居ないと思われていた日本人でした。

野呂静江さんは肉親と会いたいと小川よういちさん言い、小川よういちさんはその夢をかなえようとします。

その後2人はどうなるのでしょうか?

 

そんなサハリンですが、今では成田空港からも飛行機で行けるようで、数々の観光地があるようです。

サハリンについて気になる人は、詳しく載っているサイトを見つけましたのでどうぞ。

小川よういちのその後と現在は?【アンビリーバボー】

小川よういちさんがその後どうなったのか、現在どうしているのか調べてきました。

するとこのような記事をみつけました。

1989年に「樺太同胞一時帰国促進の会」が発足し、同会が国に働きかけた結果、1990年には300人を目標に残留日本人の一時帰国事業も始まり、離散家族の再会が実現した。

この事業により1992年までに371名が一時帰国した。同会は、「サハリン残留者全員の希望がかなうまで続けてほしい」との要望をうけ、「日本サハリン同胞交流協会」に衣替えした。

現在まで延べ3509名が一時帰国し、305人が永住帰国した。一時帰国事業は「NPOに本サハリン協会」に引き継がれ、現在も続いている

引用:現代ビジネス

実はサハリンに住んでいる日本人は、証明できるものがなければ日本に受け入れられない、という決断を日本政府がします。

ですので野呂静代さん始めサハリンの人は、日本に自由に出入りできなかったのです💦

その後小川よういちさんは1989年に「樺太同胞一時帰国促進の会」を発足し、サハリンに住む人と日本に住む人の架け橋を作ります。

そのおかげでたくさんの人々が離れた家族と再開することができたようです。

そんな小川よういちさんですが、現在どうしているのか調べてみると、現在亡くなられておられました💦

2017年7月31日はにガンで亡くなられたようです。

しかし、たくさんのサハリンの日本人を助けるきっかけとなった小川よういちさんの組織は「日本サハリン同胞交流協会」という名前に変えて現在引き継がれているようです。

スポンサーリンク

野呂静江のその後と現在は?【アンビリーバボー】

野呂静江さんはその後家族と会うことができたのか調べてみました。

すると小川よういちさんの「樺太同胞一時帰国の会」発足のその後、1997年に野呂静江さんも永住帰国したようです!

ということは無事にサハリンから出て家族と会えた様ですね^^

現在はどうしているのか、2015年の記事でこのようなものをみつけました。

東京で「樺太同胞一時帰国促進の会」を発足させたころ、サハリンでも野呂さんが同胞女性たちに呼びかけ、置き去りにされた日本人の名簿作りを始めていた。そうした努力が実を結び、’90年5月、ついに12人の残留法人の一時帰国が実現。’97年には、野呂さんも三女の一家とともに永住帰国を果たした。このとき一緒に帰国した孫の長尾洋子さん(37)は、永住帰国者たちから“幸せの象徴”と呼ばれるサハリン残留3世で、今も日本で生活している。

引用:女性自身

この記事によると野呂静江さんも2015年ににはご存命あったといえると思われます。

しかし2015年当時の野呂静江さんの年齢は92歳だったようです。

ということは現在生きておられれば97歳ということになりますね。

現在生きておられるのか、どこに住んでおられるのかはわかりませんでしたが、日本での生活を楽しんでいただけてたら嬉しいですね^^

小川よういちと野呂静代(サハリン)の現在とその後【アンビリーバボー】まとめ

いかがでしたでしょうか。

本日はサハリンに住んでいた、小川よういちさんと野呂静江さんについて見ていきました!

その後家族と無事再開できた野呂静江さんも、それを手助けした小川よういちさんも戦争という時代に翻弄されていた人物。

改めて戦争は何も生み出さないと思わされます。

小川よういちさんは現在お亡くなりになられていて、野呂静江さんは現在の状況はわかりませんでした💦

アンビリーバボーで何か語られるかもしれませんね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
それではまた次回お会いしましょう

スポンサーリンク