【足利銀行2億円横領の犯人】大竹章子の性格は真面目だった!現在は生きてる?

お金

本日は【奇跡体験アンビリーバボー】でも取り上げられた、足利銀行の栃木支店で起こった2億円横領事件の犯人、大竹章子の生い立ちその後について調べたので書いていこうと思います!

 

足利銀行から2億円もの大金を横領した犯人ですので、よっぽど悪い人か!?大竹章子って何者っ!?ってなり調べてみたら、どうやら真面目な性格だったようですね。

もちろん横領しているので悪い人なんですけどね、w

1975年の事件ということで、知らない人も多いと思いますので、詳細情報を見ていきましょ~♬

読んでわかること

  • 大竹章子の性格は意外と真面目で成績優秀!
  • 足利銀行2億円横領事件を紐解く
  • 大竹章子は現在生きている?その後
  • 足利銀行2億円横領事件は映画化されていた!?

 

足利銀行横領犯人の大竹章子・生い立ちや出身高校

2億円もの他人のお金に手をつけることのできる大竹章子は、いったいどんな環境で育った人物なのでしょうか?

犯罪を犯す人は家庭環境に問題あったりする場合も多いですよね!やはり育った環境に問題があったのでしょうか?

調べていると意外な高校生活や生い立ちが見つかりました!

人ってわからないものですよね💦

 

大竹章子の生い立ち

大竹章子の生い立ち

 

  • 1953年に栃木県栃木市で生まれる
  • 実家は農家
  • 姉と弟がいる3人兄弟

 

やはり昔の事件だけあって、生い立ちなどの情報はかなり薄いですね!

しかし調べていても、とても事件と縁の深い環境では育っていなかったように思います!

何でも両親はとても働き者で農家のほかにも、麦の輸送業もしていたということ。そんな働き者の両親を見て育ったと思うので、育った環境が悪いとは思えないですよね💦

生い立ちとしては申し分ないように思いますが、いったいどこで道をそれたのでしょうか。

 

大竹章子の出身高校

出身高校を調べていると、栃木県立栃木商業高校の出身のようです!

栃木商業高校は現在の情報では偏差値48ぐらい?と学力的には優秀とは言えないかもしれないですが、当時と今では違いますし、商業高校なので偏差値などはあまり参考にならないですよね。

高校までは特に変わったことはなく、平凡に育っていたようですね!

 

足利銀行2億円横領の犯人・大竹章子のエピソードがヤバい!

どうやら調べていると足利銀行2億円横領事件の犯人、大竹章子はかなり真面目な性格だったようです。

どうしようもないエピソードが出てくると思ったら逆で、みんなからの信頼も厚く、家族にも大変優しく接していたようです!

いったい大竹章子とはどんな人物なのでしょうか?

 

大竹章子は家族思い!

犯人というレッテルをはられた大竹章子ですが、家族にはなり優しくしていたようで、親の手伝いも嫌な顔一つせずに手伝っていたといいます!

特にトイレ掃除は入念にしていたようで、親が「もういいよ」といってもやめなかったほどだったらしい。

家族の手伝いってめんどくさくて、つい拒否してしまうことも多いですが、愛情を注いだ人に対しては、真面目で優しい人だったんですね。

 

大竹章子の高校時代は成績優秀!

先ほど出身高校を言いましたが、栃木商業高校では、かなりの成績優秀だったようで、常にトップクラスだったようです!

成績は悪くても20番以下になることはなかったそうです。

今回の事件の舞台足利銀行栃木支店にも学校の推薦で入ったようですので、先生からの信頼もかなり厚かったのでしょう♬

 

大竹章子はテニス部だった

どうやら大竹章子はテニス部に所属していて、キャプテンを務めていたのだとか。

部活していた人はわかりますが、キャプテンって上手なだけじゃなれないですよね!

高校のときから真面目で、一生賢明に物事に取り組む性格だったのかもしれません。

 

大竹章子の性格が真面目過ぎる!

たくさんの真面目エピソードのある大竹章子ですが、推薦で入った足利銀行でもかなり真面目だったようですね!

学校長推薦で46年4月、卒業と同時に足利銀行栃木支店に入行。貸付係に配属された。堅実な両親のもとに生まれ育った章子の働きぶりは真面目で、無遅刻無欠勤、明るくてきぱきと仕事をこなす典型的、模範的な“銀行OL”だった。

引用:exciteニュース

 

とあるように模範の働ようなきぶりだったようですね!

ちなみに足利銀行栃木支店の場所はコチラ⇓

事件が起こった当時の場所がこちらかどうかはわかりませんが、現在の栃木支店はコチラのようです!

長い年月が経っているので、場所も変わっているかもしれないですね💦

足利銀行2億円横領事件を紐解く・現在生きている?その後

そんな真面目な大竹章子ですが、【奇跡体験アンビリーバボー】でも放送されているように、お金の行き先は好きになった人につぎ込んでいたようですね!

犯人の大竹章子は恋愛に対してもかなり真面目だったようです。

足利銀行2億円横領事件の主犯ともいえる、交際相手の阿部誠行との仲が深まるようになったきっかけも、2回電話がきたから断るのは悪いので断れなかった、という理由。

今まで真面目すぎて恋愛とは無縁だった大竹章子には、ときめいてしまうきっかけとなったようですね。

阿部誠行はそんな大竹章子の性格を見抜いていたのでしょう!

 

『恋は盲目』といいますが、まさしくこの言葉が最悪の結果で証明されることとなりましたね。

大竹章子自身も騙されていた被害者・・・でもあるので同情しないこともないですが、他人のお金に手を出したらOUTです。

 

そして気になる現在の状況ですが、大竹章子は4年ほどの刑で済んだとのことですので、現在生きているとしたら出所していることは間違いなさそうです。

現在の状況についてははっきりとわかりませんでしたが、生きてるとしたら70歳以上。

真面目な性格だけに事件を起こしたその後、自分自身を追いつめている可能性もありますね。

現在の状況をどのようにみているのか、真面目なだけに現在生きていれば思い悩んでいるかもしれないですね。

【アンビリーバボー】足利銀行2億円横領事件は映画化されている?

この足利銀行の事件が映画化されている?との情報が!

どうやら宮沢りえさん主演の『紙の月』という映画のようですね!

こちらの映画は恐らく、足利銀行の事件だけではなく、他にも参考にしている事件があるようなのですが、ハッキリとはわかりませんでした💦

しかし、紙の月のあらすじを見ている限り足利銀行の横領事件に近いようですので、見た人にしかわからない事件の真相や犯人の気持ちがわかるかも?

只今huluに登録すると1か月無料で見れますので、紙の月も無料で視聴可能のようです。
(※2019年10月現在)

気になる人は⇓からどうぞ!

※リンクは後日張っておきます!

 

DVDも見つかりました!

 

 

【足利銀行2億円横領の犯人】大竹章子は成績優秀で真面目だった!現在は生きてる?・まとめ

みなさんいかがでしたでしょうか

本日は足利銀行2億円横領事件の犯人大竹章子についていきました!

出身高校などもわかりましたが、高校時代はかなり真面目で家族思いの一面もみえました。

真面目なのは良いことですが、恋愛もしないとこういった事件にも巻き込まれる可能性がありますので、若いうちは恋愛もした方が人生の勉強になるかもしれないですね。

その後の動向や、現在生きているのかどうかは謎ですが、70歳以上で高齢ですのでひっそりと暮らしているのかも?

 

この事件からはいろんなことを教訓にできそうです。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
それではまた次回お会いしましょう
BYE~~

 

関連記事は⇓