朴璐美(ぱくろみ)は韓国人のハーフ?両親の出身や国籍を調査!

朴璐美
スポンサーリンク

本日は山路和弘さんとご結婚されました、声優の朴璐美(ぱくろみ)さんについて書いていこうと思います!

朴璐美さんですが、名前的に明らかに韓国人っぽいですよね!

お顔立ちも少し日本人離れしているような気もしますので、ハーフでは?という声もあるようです。

そこでハーフかどうか調べるために、両親や国籍、出身地なども調査!

また穏やかではありませんが、韓国っぽい名前ですので「反日」というキーワードがあるのも事実です💦

その辺の真相も探ってきました!

✅読んでわかること

  • 朴璐美(ぱくろみ)は韓国人のハーフなの?両親を調査!
  • 朴璐美の出身と国籍を調査!
  • 朴璐美が反日という噂は本当?

 

朴璐美(ぱくろみ)は韓国人のハーフなの?両親を調査!

朴璐美さんは韓国人のハーフではないということです!

しかしながら、朴璐美さんには日本と韓国のクウォーターの可能性がある?ということですので詳しく見ていきましょう!

朴璐美さん両親を調べてみたところ、父親が在日韓国人2世母親が韓国人であることには間違いないようです。

しかし父親が在日韓国人2世ということですので、父親の両親(つまり朴璐美さんのおじいさんかおばあさん)のどちらかが日本人の可能性があるかもしれないということです。

どうやらおじいさんの母国は韓国という情報がありますので、おばあさんの血が日本の可能性があるかと思われます。

調べてみると日本人と在日韓国人が結婚しても、国籍を韓国に入れると在日韓国人2世という扱いになるようですね。

つまり朴璐美さんのご両親のうち父親が日本とのハーフで、朴璐美さんが日本と韓国クウォーターに当たる可能性はあるということです。

朴璐美の出身と国籍を調査!

朴璐美さんですが、出身や国籍が気になったので調べてきました。

どうやら出身は東京都江戸川区のようです!

高校の時は居場所を求めて韓国に行くことを望んでいたようですが、両親の反対もあり日本の高校に進学されています。

やはり今でも残る韓国人差別のようなものが、昔はもっとひどかったのかもしれませんね💦

しかしながら、先ほどハーフかどうかという話で在日韓国人という話がありましたので、やはり出身は日本ということ。

さらに国籍を調べてみると・・・・現在朴璐美さんは韓国から国籍をかえて日本人ということでした!

2015年までは在日韓国人として暮らしていた朴ロ美さんですが、2015年12月15日に帰化して国籍を日本にしておられます!

青春時期は韓国に行きたがっていた人が日本人になってくれるって嬉しいことですよね♪

スポンサーリンク

朴璐美が反日という噂は本当?

朴璐美さんを調べていると『反日』というキーワードが出てきます。

しかし、どこにも反日なんて発言はしておられませんでした。

というか反日なら日本に帰化しないですよね。w

生まれてからずっと日本で暮らされていますし、日本の数々の名作アニメの声優さんもされておられます。

私も正直存じ上げなかったのですが、経歴をみたらめちゃくちゃ凄いです!

ほんと国籍なんてどうでもいです!日本アニメ界の宝だと思います

ひょっとすると先ほど子供時代の話で居場所を求めて韓国に行きたかった、という話がありましたがこれを勘違いして反日なんて言葉が出てきたのかもしれません💦

いずれにせよ反日という言葉はどこかの一部の人達が行っている偏見だと思われます。

朴璐美と山路和弘結婚!反応は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

辛味噌大魔王 烈(@letsu0130)がシェアした投稿

そんな朴璐美さんですが、2020年1月に48歳という年齢でご結婚されました!

めちゃくちゃキレイですよね!

皆さんはイケボ夫婦にどのような反応を見せておられるでしょうか?

 やはり祝福の声が多数聞かれます!

朴璐美さんがいかに人気があるのかがわかります♪

年齢的に子供ができるかどうかは少し厳しいかもしれませんが、どんな声の子供ができるのか聞いてみたいですよね、w

朴璐美(ぱくろみ)は韓国人のハーフ?両親の出身や国籍を調査!・まとめ

いかがでしたでしょうか。

本日はや山路和弘さんと結婚されました、声優としても活躍されています朴璐美さんいついて書いていきました!

韓国人のハーフでないことはわかりましたが、クウォーターの可能性はあるようです!

しかし出身も日本でずっと日本で暮らされていますし、国籍も日本に帰化されていますので現在はガッツリ日本人ということです♪

朴璐美さんが反日という情報はデマの可能性が高いのでご注意を!

山路和弘さん、朴璐美さんおめでとうございます♪

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
それではまた次回お会いしましょう

スポンサーリンク