中曽根康弘が墓場まで持って行った日航機墜落事故の真相は?隠蔽説も

中曾根康弘

中曽根康弘元首相がお亡くなりになられたことが報道されました。

世間では悲しみの声もありますが、日航機123便墜落事故にも注目が集まっているようですね!

中曽根康弘元首相が「日航機123便墜落事故の真相は墓場まで持って行く」と言っていましたが、事件の真相なども探っていきたいと思います!

✅読んでわかること

  • 日航機123便墜落事故とは?
  • 日航機123便墜落事故の真相は墓場まで?

中曽根氏が隠蔽?日航機123便墜落事故

日航機123便墜落事故はどんな事故だったのでしょうか。

 

1985年の8月12日(月)に日本航空の羽田空港発、大阪伊丹行の123便が群馬県の山間部に激突し、墜落した事故です。

日航機123便墜落事故で524人の乗客乗員のうち520人もの命が奪われました。この事故は日本航空機事故では過去最大の事故として今も語り告げられています。

日航機の墜落事故原因として当時中曾根康弘氏が発表したのは「整備不良による圧力隔壁の損傷で急減圧したことで起きた事故」ということです。

 

いまいちピンとこないと思うので、急減圧について調べてみました。

機体が損傷し空気が漏れると、機内の圧力が下がる。これが急減圧です。

山登りで標高の高いところいると頭が痛くなったりしますよね。

飛行機は高度数万メートルとかを飛んでいますので、それをさらにひどくした感じです。

※テレビでよく見る黄色いマスクはこの時に酸素取り入れ用で使います。

この時機長は富士山よりも低いぐらいの標高まで急降下するように判断するそうです。

 

以上が急減圧ですが、つまり標高を落とした故に山に墜落したのでは・・・という発表がされたのですね!

想像しただけでも悲惨な事故ですが、なぜ中曾根康弘氏は墓場まで持って行くという発言をしたのか気になります。

 

中曽根康弘は日航機墜落事故の真相を墓場まで持って行った?

中曽根康弘氏が隠蔽したのではないか、と言われていますがその理由ははたくさんの疑問点があるからです。

あくまで仮説として言われていることですが、ほぼ間違いない・・・とまで言われている真相?はどうなっているのか見ていきましょう!

 

日航機123便を自衛隊が追跡?

どうやら当時日航機123便の近くにはオレンジ色の浮遊物が飛んでいた、ということが画像解析で明らかになっているようです。

これは自衛隊が訓練の為に敵機に見立てた無人機だったということです。

自衛隊はこの無人機と勘違いして、日航機123便を打ってしまったのではないか?という説も考えられています。

 

日航機の墜落後機体の破片が相模湾にも

墜落した日航機の垂直尾翼の破片が相模湾で発見されたといいます。しかも、このことはニュースでは取り上げられなかったようです。

中曽根康弘氏から報道機関に、国家機密が理由で規制がかけられた、ということが原因のようです。垂直尾翼に決定的な証拠があったため隠蔽したのではと考えられています。

 

ちなみに墜落現場と相模湾の距離は100km近くあります。

かなり不自然ですよね。

いくら大規模な墜落事故だとしても100kmは破片は飛ばないでしょう。

ここにはいくつかの推論が生まれますが、相模湾上空付近ですでに機体が破損していたということが考えられます。

 

救出が妨げられた?

事故当時米軍のヘリコプターが救助の為に事故現場上空を飛んでたことが目撃されています。しかし、この救助を拒否した・・・ということも噂されています。

さらに自衛隊の救助はいつまでたっても来ずに、まるで乗客が命を落とすのを待っているかのように10時間もの時間が過ぎたといいます。

既に近くの民間消防隊が救助にはいるも、自衛隊に追い返されたそうです。

 

中曾根康弘氏から待機命令があったということが濃厚とされていますが、この命令を破り救助しようとした人がいました。しかしこの方は銃で撃たれて命を落としてしまったといいます。

これが真実ならかなり悲惨な出来事です。

 

証拠隠滅にわざと燃やした?

どうやら墜落現場は異様なまでに範囲が広く、すべての物が焼き尽くされていた・・・といいます。

実際の写真はネット上にありますが、その様子はとても航空機の墜落では起こりえない状況だったといいます。

 

また時間が経ち、立ち入ることを許された地元の消防員は現場でガソリンやタールなどの航空機の燃料以外の物が燃やされた臭いだったといいます。

当時配属された特殊部隊がいたようですが、隊員たちは戸籍の無い人達でいわゆる社畜だったという見方もあるようです。

この特殊部隊がもし燃やしたのだとしたら、命令したのは中曾根康弘氏・・・ということになりますよね。

 

 

真相は完璧に明らかになったわけではありませんが以上がほぼ間違いない真相・・・と言われているようです。

以上が疑惑のすべてではありませんが、日航機123便墜落事故について書いた本なども出版されているようです。

 

 

こちらではさらに真相が深堀されていると思います。

中曾根康弘元首相への反応

隠蔽疑惑があった中曽根康弘氏ですが、2019年11月に亡くなられたことが報道されました。

年齢は101歳だったそうです。

みなさんは中曾根康弘氏に対してどんな印象をもっているのでしょうか?

101歳という年もあり、みなさんからはお悔やみ言葉がたくさん聞かれます。

しかし、日航機123便墜落事故のについても気になっている人も多いようで「文字通り墓場まで持って行った」という声もありますね。

真相は闇に葬られてしまったのでしょうか?

 

中曽根康弘が墓場まで持って行った日航機墜落事故の真相は?隠蔽説も・まとめ

本日は中曾根康弘氏が隠蔽した、とされる日航機123便墜落事故について見ていきました!

本当に日航機123便墜落事故の真相を墓場まで持って行った、ということになりそうですが、原因を究明してこのような事故が今後起こらないようにして欲しいですね。

 

中曽根康弘元首相のご冥福をお祈りいたします。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
それではまた次回お会いしましょう

関連記事は⇓