【アメリカあおり運転】パメラ事件の犯人と真相!アンビリーバボーな賠償金や刑期と現在

お金

本日は11/21のアンビリーバボーでも放送された、アメリカのあおり運転事件について書いていきます!

被害者はパメラマスカーロという人物なのですが、事件が起こったのはクリスマスイブの夜・・・なぜ楽しい時に、あおり運転をされ射たれるまでに至ったのか、犯人や真相を調べてきました!

またアメリカあおり運転事件の刑期や賠償金、現在の状況についても見ていこうと思います!

✅読んでわかること

  • 【アメリカあおり運転】パメラマスカーロ事件の真相
  • 【アメリカあおり運転】パメラマスカーロを射った犯人
  • 【アメリカあおり運転】の刑期や賠償金と現在

【アメリカあおり運転】パメラマスカーロを射ったアンビリーバボーな犯人

クリスマスの聖なる夜にとんでもない事件を起こした犯人とはいったいどんな人物なのでしょうか?

調べると犯人のブルース・ウォーレンは事件当時当時49歳。職業は航空会社の手荷物取扱業者ということが発覚。

強盗も何度かしたことがあるようで、今回の犯行も常習的なもの延長であったのでしょう。

 

アルコールによる自分の怒りの制御ができなかった人物のようです。

 

顔画像は探したのですが、犯人のブルースウォーレンのものか確信が持てない写真しか見つけられなかったので、アンビリーバボー内で見ることにしましょう!

この事件は「悪魔と一緒に運転する」というタイトルが付けられ、アメリカでも大きく報道され、2016年の5月にドラマ化もされたといいます!

そんな事件の真相が気になります!

 

【アメリカあおり運転】パメラマスカーロ事件のアンビリーバボーな真相

犯人

犯人のブルースウォーレンはぜあおり運転の末にパメラマスカーロさんを撃ったのでしょうか?

クリスマスに起こった残酷な事件ですが、事件の真相は実に身勝手なものだったのです!

※すべて書くと膨大な量ですので、一部割愛して書いています。

 

あおり運転事件が起きた時間と場所は

事件が起きたのは1992年のクリスマスの夜。アメリカのニューヨーク市クにあるイーンズ地区を走る高速道路でおこりました。

あおり運転被害者のパメラマスカーロさんの家族は夕食から帰宅する途中だったとのことです。

 

事件が起こったグランドセントラルパークウェイ⇓

 

あおり運転事件当時の真相

ブルースウォーレンは事件当日、同僚の女性の自宅に強盗に入ったのですが、失敗して追い出されたようです。

さらに強盗当日は酒に酔っていたこともあり、チンタラ走っている気分ではなかったとのこと。

強盗も失敗、酒も飲んでるでイライラしていた・・・ということですね。

 

そこにパメラマスカーロさんの夫が運転する車が、犯人のブルースウォーレンの車の進路を遮るような運転をしてしまったようです。
(※遮ったのは犯人の勘違い)

そのことに腹を立てた犯人のブルースウォーレンは、パメラさんの夫が運転する車の横につけて口論となります。

口論となりさらに腹をたてた犯人のブルースウォーレンは、パメラマスカーロさんの車の後ろに付け、あおり運転をしたあげく、9ミリ口径の銃で射ちました。

射った3発のうち2発は人に当たらなかったのですが、3発目がパメラマスカーロさんの後頭部に直撃。

 

その後さらにあおり運転を続け、追撃を試みた犯人のブルースウォーレンですが、パメラさんの夫がガソリンスタンドに助けを求めに行きます。

助けを求めたことによってできた人だかりに気づき逃げたようです。

 

目撃場報がないのに事件が発覚?

現場は静かで人通りが少ない場所で、事件が起きた後も目撃情報がなかったようです。

しかし事件は動きます。

パメラマスカーロさんのあおり運転事件から2年ほど経った頃、犯人のブルースウォーレンが強盗の罪で逮捕されます。

 

そこでブルースウォーレンの部屋を捜索したところ、パメラマスカーロさんのあおり運転事件の新聞がくり抜かれて置いてあるのを発見。

そこにはパメラマさんの当時3歳の子どもホリーの写真もあったようです。

 

そのことを問われた犯人のブルースウォーレンは「気の毒な事件だから、取っておいただけ」という風に説明したといいます。

明らかに怪しいですよね。

 

あおり運転については容疑を否認したため証拠不十分となり、その後犯人のブルースウォーレンは、強盗の罪で1年~4年の刑で服役することとなります。

 

警官が取ったアンビリーバボーな方法とは!

しかしブルースウォーレンがあおり運転の容疑で逮捕されたのは、事件発生から実に5年後。強盗発生から3年間空いたのには理由があったようです。

パメラマスカーロさんの記事を発見したのだが、決定的な証拠とはならないとわかった警察官は、1年~4年の刑が決まっている、ブルースウォーレンを刑務所内で泳がせすことを決めます!

すると見事的中!ブルースウォーレンは獄中で他の受刑者にパメラローマンのあおり運転の犯人が自分だと話したのです!

 

そのことが証拠となりブルースウォーレンが犯人と確定!

事件は解決へと向かうのでした。

 

普通必死に証拠をさがしますが、深追いして犯人が口を閉ざすのを避けるための行動だと思います!

まさにアメリカの警察が見せたアンビリーバボーな戦略ですね!

 

【アメリカあおり運転】のアンビリーバボーな刑期や賠償金と現在

解決した事件ですが、その後は何との言えない現在の状況が待っています。

気になる刑期や賠償金もあわせて見てみましょう!

 

刑期はどれぐらい?

12個もの罪で起訴された犯人のブルースウォーレンですが、言い渡された刑期はわずか5~15年だといいます。

もちろんパメラさんの夫は納得いかずに「犯人が笑っている」と言って罪を重くするようにしたようですが、その後の記録は英語記事では見つけられませんでした💦

 

今では考えられないですが、当時は確かに刑期は緩かったように思います。

 

賠償金はどれぐらい?

賠償金についても調べたのですが、記事は見つかりませんでした。

日本では過去に未遂事件の示談金だけで820万もの賠償金が支払われた事例もあるようです。

 

そう考えると賠償金の総額は数千万円といったところでしょうか?

お金で解決できる問題でもないですが、、、

 

アンビリーバボーな現在

事件から数年後、パメラさんの夫ジョンさんは再婚したようです!何とも言えないですが、傷ついた心を癒してくれる女性が現れたのかもしれないですね!

パメラさんの夫は仕事は税務コンサルタント&会計士として働いているようで、娘のホリーさんはマーケティングで有望なキャリアを積んでいるといいます。

 

そして気になる犯人のブルースウォーレンは2007年に死亡したということ。死因はわかりませんでしたが、アンビリーバボー内で放送されるかもしれないですね!

 

実はアメリカでは銃による被害も多く、ギャングなどによる無差別な事件も起こっています。

クリスマスに起こった悲劇がまだありましたので調べてみました。そちらも合わせてご覧ください。

参考:アメリカ・クリスマス事件の犯人の顔画像!

【アメリカあおり運転】パメラ事件の犯人と真相!アンビリーバボーな賠償金や刑期と現在・まとめ

いかがでしたでしょうか。

クリスマスに起きた残酷な事件ですが、犯人がいかに身勝手な人物だったかわかります。

日本でも最近あおり運転が問題視されていますが、やはり悩みは万国共通のようです💦

さらに深い真相やその後の情報はアンビリーバボー内で放送されるかも?

要チェックですね!

 

みなさん運転は心に余裕をもって行いましょう!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
それではまた次回お会いしましょう

※本記事は筆者が翻訳したため、詳細は多少事実と異なる場合があります。ご了承ください。