アメリカ・クリスマスの夜に起きた事件!カシミエを撃った犯人の名前と顔画像!

逮捕

本日はクリスマスの夜に起こった、アメリカの事件について見ていきましょう!

アメリカは銃社会ということが問題視されていますが、最近はされらに問題となっているようですね。被害者のカシミエを撃った犯人の顔画像と名前を調べてきました!

クリスマスという聖なる夜に事件はなぜ起こったのでしょうか?

✅読んでわかること

  • アメリカ・クリスマスに起きたカシミエ事件
  • 犯人の名前と顔画像
  • 刑期や損害賠償金

クリスマスの夜に起きたカシミエの事件

2010年の南ロサンゼルスでのクリスマスの夜に、25歳の母親が3歳の娘の前で致命的な銃撃されました!

事件が起こったのは2010年12月25日、マンチェスタースクエアのW. 85thストリートの1700ブロックです。

銃撃された女性の名前はカシミエジェームズ。カシミエジェーム撃たれた時には娘は3歳で、助手席に座っていたようです。

 

かなりひどい事件ですが、なぜカシミエは撃たれたのか・・・その動機は何と勘違いだったようです!

 

ギャングの銃撃戦にただ巻き込まれただけ・・・という事件のようです。不運としか言えないですが、日本では考えられない事件ですよね💦

ギャングがいるという点アメリカという感じ。旅行の際は事件に巻き込まれないように注意しないといけないですね。

 

カシミエ事件の犯人の名前と顔画像

あおり運転?の末射撃した犯人はいったいどんな人物なのでしょうか。

気になる犯人の顔画像と名前です!

アメリカあおり運転犯人

犯人の名前はダーネル・ヒューストンとラマー・マクナイト
(顔と名前はどっちがどっちかはわかりませんでした)

 

ヒュートンは当時38歳で、マクナイトは当時28歳という年齢。

先ほども書いたように、二人はギャングの一員です。ギャングに入った経緯などはわかりませんでしたが、名前と顔画像はコチラであっていると思います。

 

アメリカでは最近でもギャング絡みの発砲事件で4人が負傷するなどの事件が起こっているようです。

最近特に銃乱射事件が多発しているようで、犠牲になる人も昔より増えてきているようですね!

やはり銃社会って怖い💦

 

クリスマスのカシミエ事件!刑期は?

刑期は9月に決まっているようですが、探し当てることができませんでした💦

しかし、この事件に関与したギャングの刑期がは懲役29年ということですので、それよりも重い罪になったのではないでしょうか。

アメリカではよく長すぎる刑期の終身刑をよく見かけますが、今回も長い刑期にしてもらいたいですね!

 

アメリカでは銃も問題になっているのですが、あおり運転も問題となっているようです!実際にクリスマスイブに事件も起こっているようですね!

参考:アメリカのあおり運転事件がヤバい!犯人の名前や刑期を調べてみた

カシミエを撃った犯人の名前と顔画像!・まとめ

いかがでしたでしょうか。

本日はクリスマスの夜に起こったカシミエの事件を見ていきました!

アメリカは銃社会ですので、銃撃事件なども多くて怖いですよね💦

ギャングなどの存在もアメリカのイメージを悪くしている要因の1つでもあります。

 

旅行の時は危険地域にはいかない方がよさそうですね!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
それではまた次回お会いしましょう

関連記事は⇓