カナダカップル(ジェイ&タニヤ)殺人事件の犯人は?現在とその後も

デイトナビーチ事件
スポンサーリンク

本日はカナダ人カップルのジェイとタニヤが殺害された事件について書いていこうと思います!

日本でもおなじみとなってきたシーシームーアさんが31年ぶりに解決した事件なのですが、いったい真犯人は誰だったのでしょうか?

若いカナダ人カップルのタニヤとジェイが狙われた残酷な事件。

概要と共に、その後の様子や現在の状況などもできるだけ調べてきました!

✅読んでわかること

  • カナダカップル(ジェイ&タニヤ)殺人事件の概要
  • カナダカップル(ジェイ&タニヤ殺人事件の犯人とは?
  • カナダカップル殺人事件のその後の様子と現在は?

 

カナダ人カップル(ジェイ&タニヤ)殺人事件の犯人とは?

まず初めにカナダ人カップルの、ジェイとタニヤ殺人事件の犯人は誰だったのでしょうか見ていきましょう!

シーシームーアが特定した犯人がコチラ!

ウィリアム・アール・タルボット2世この人物がジェイとターニャ殺人事件の犯人として特定されます。

ワシントン州警察がDNA採取の為に、車から落ちたコップを採取していたことが、31年越しの事件解決につながったのです!

たった一つの小さな証拠でも事件解決に導けてしますシーシームーアは凄い!

 

ウィリアム・アール・タルボット2世が逮捕された当時の年齢は55歳でしたので、事件当時は24歳の若さだったということ。

さらに犯行当時ジェイの遺体発見現場の近くに住んでいました。

タルボットは自身について「私は暴力をするような人間ではない」と主張していたようですが、タルボットの家族は暴力的な一面を把握していたということですので、家族としても犯人であることを否定できなかったのかもしれませんね💦

カナダカップル(ジェイ&タニヤ)殺人事件の概要

そんなカナダカップル(ジェイ&タニヤ)殺人事件はどのようにして起こったのでしょうか?

シーシームーアが、31年もの間謎につつまれていた事件を解決するのにかかった時間が、驚きの短時間だったのです。

カナダ人カップル殺人事件はいつ起きた?

ジェイとターニャは1987年11月18日に、ブリティッシュコロンビア州のサーニッチから、シアトルに行くためにフェリーに乗ることになります。

若者カップル同士の楽しい一晩の旅になる予定だったということです。

しかし、フェリーを乗ったのは確認されたのですが、その後の行方が分からなくなってしまします。

その翌日、カナダ人カップルのジェイとタニヤの両親は警察に捜索願いを出しました。

ジェイとタニヤが発見される

カナダ人カップルの事件発生から6日後の1987年11月24日、ワシントン州でタニヤの遺体が発見されます。

遺体には乱暴された後もあり、当時は彼氏のジェイも見つかっていなかったために、カップルの喧嘩によりジェイが犯行したのでは?と疑われて捜査されるようになります。

しかし、その2日後1987年の11月26日にターニャのいた発見現場から遠く離れた場所で、彼氏のジェイの遺体が発見されます。

ジェイの遺体にも暴行された跡があり、首を絞められていたということです。

犯人が使用したと思われる車も発見されていましたので、カナダ人カップル殺人事件はすぐに解決するかに思われましたが、捜査は難航し31年間も解決に時間を費やす事件となってしまいました。

カナダ人カップル殺人事件ジェイとターニャ

引用:Mirror

左:当時18歳のタニヤ

右:当時20のジェイ

31年ぶりに事件が解決

31年もの間謎に包まれていたカナダ人カップル殺人事件は、カナダ史上最悪の事件とまで言われるようになります。

そんなカナダ人カップルのジェイとタニヤ殺人事件ですが、シーシームーアの調査によって2018年に解決します。

シーシームーアはDNAを使った捜査で、家系図から犯人を特定する・・・という独自の方法で数々の事件を解決してきました。

その手法でカナダ人カップルのジェイとタニヤ殺人事件のように、過去の事件もたくさん解決してきています。

さらにシーシームーアの今回のカナダ人カップル殺人事件は、数時間で犯人特定に至ったといいます。

日本でも捜査を行ったことのあるシーシームーア。これからもたくさんの事件を解決してほしいですね^^



スポンサーリンク

スポンサーリンク

カナダ人カップル殺人事件のその後の様子と現在は?

カナダ人カップルのジェイとタニヤ殺人事件後、現在はどうなっているのか、その後の様子と共に探ってきました。

犯人ウィリアム・アール・タルボット2世のその後と現在

犯人とされたウィリアム・アール・タルボット2世のその後の様子ですが、裁判で無罪を主張したようです。

ウィリアム・アール・タルボット2世は判決が下される前に、裁判官に向かって「あなたの前には、犯してない罪で犯人扱いされ有罪判決を受けた男がいる」と言い放ったようです。

DNAの捜査はかなり信ぴょう性が高いと思われますので、今後も判決が覆る可能性は低そうですが、犯人は本当にウィリアム・アール・タルボット2世だったのでしょうか。

もしそうなら、しっかりと謝罪して欲しいものです。

そして、犯人となったウィリアム・アール・タルボット2世には終身刑が言い渡されています。

現在は刑務所で服役中ということでしょう。

ジェイとタニヤの家族の現在とその後を調査

カナダ人カップルのぜジェイとターニャの家族の、その後や現在についての情報は少なかったのですが、2019年にジェイの母親の、レオナ・クックが

「事件から32年が経ちましたが、まだ事件の話を聞くのも難しい。心は開けないままだ」

と言っている記事を見つけました。

当たり前かもしれませんが、わが子を失った苦しみが晴れる日は現在はおろか、今後も来ないでしょう💦

身勝手な犯行をした犯人は許されるべきではないですね。

カナダ人カップル(ジェイ&タニヤ)殺人事件の犯人は?現在とその後も・まとめ

いかがでしたでしょうか。

本日は【ありません世界】でも放送された、カナダ史上最悪のカナダ人カップルのジェイとタニヤ殺人事件について見ていきました。

犯人の身勝手な犯行により2人の若者の命が奪われてしまった残虐な事件ですが、今後起こらないように願うばかりです。

現在やその後の情報は最近解決したばかりの事件だからか、少ないようです。

ジェイとタニヤが帰ってくることはありませんが、犯人のはしっかりと刑期をまっとうして欲しいですね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
それではまた次回お会いしましょう

スポンサーリンク