石浜事件(石浜仁バイク事故)の犯人は?茨城の飲酒運転を駒沢幹也が鑑定!

バイク
スポンサーリンク

本日は2020年の2月放送の奇跡体験アンビリバボーでも放送されました、茨城県で起こった飲酒運転によるバイク事故について書いていこうと思います。

石浜事件とは、石浜仁さんのバイクと飲酒運転の車が衝突してしまった交通事故で、犯人が正直に供述しなかったことにより、石浜仁さん自身の過失となってしまった事件です。

そんな事件を解決に導いたのが、交通事故鑑定人の駒沢幹也さんでした。

駒沢幹也さんについては面白い記事を見つけたので後程紹介しようと思います。

いったい石浜事件とはどうな事件なのか、犯人とはいったい誰でその後どうなったのか調査してきました。

✅読んでわかること

  • 石浜事件(石浜仁さんバイク事故)の概要
  • 石浜事件の犯人について
  • 駒沢幹也さんについて

 

石浜事件(石浜仁バイク事故)とは

石浜事件は茨城県で1991年に起こった事件。

車の運転手がバイクに乗る石浜仁さんと衝突して、石浜仁さんが亡くなられます。

センターラインのタイヤ痕から、石浜仁さんの運転するバイクがセンターラインを越えていたとして、石浜仁さんの過失ということで取り扱われました。

しかし事件当日、石浜仁さんの後ろを走っていた友人は、安全に運転する石浜仁さんの姿を目撃しており、違和感を覚えます。

さらに石浜仁さんはモトクロスの大会にも出る、バイクの腕前だったので、センターラインを越えるとは考えにくい。

そのまま事件は迷宮入りするかに思われました・・・

しかし事故から3か月経った時に、犯人が事故車をスクラップ業者に持ち込んで証拠を隠滅しようとしたのですが、そのスクラップ業者がたまたま石浜仁さんの叔父の経営する会社だったのです。

そんな奇跡もあり、事故車を手に入れた石浜仁さんの家族は「交通事故鑑定人の駒沢幹也」に鑑定を依頼します。

その後の調査で駒沢幹也さんは、石浜仁さんの過失ではないということを証明するために、さまざまな物的証拠を発見します。

犯人が飲酒運転だったということも明らかになり、形勢逆転。

駒沢幹也さんの活躍により、事故の真相が明らかになっていくのでした。

石浜事件(石浜仁バイク事故)犯人は?その後と現在も調査

石浜事件は1991年に起こった事件で、さらに事故当時も新聞に小さく取り上げられただけのようで、ネット上には情報がほとんどありませんでした💦

過去の事例を元に、犯人やその後の様子を調査してみたいと思います。

石浜事件の犯人は誰?

石浜仁さんのバイク事故の犯人についての情報は、残念ながらありませんでした。

古い事件で情報は少ないうえに、犯人は一般人ということで今後も情報は出てこないと思われます。

犯人の刑期は?その後と現在を調査

犯人にはその後どのよなう判決が下されたのか、こちらも情報はなし。

しかし、現在の飲酒運転とは違い、昔は飲酒運転に対する判決はかなり緩いものばかりでした

例えば1999年に起こった「東名高速飲酒運転事故」は記憶にある人もいるかもしれません。

この事件は、ウイスキーと缶チューハイを飲んで、まっすぐ立つこともできないほど泥酔していたトラック運転手が、幼い子共2人の命を奪いさらに父親に重症のやけどを負わせた事件。

この事故の時はわずか、刑期4年の判決。

当時は”危険運転致死傷罪”は適応されておらず、飲酒運転でも事故はすべて”業務上過失致死傷罪”で最高5年までしか求刑できなかったようです。

ということは、石浜事件の犯人の刑期も、最高でも5年だと思って間違いないかと思われます。

犯人は現在、刑務所には入っていないものだと思われますが、もし石浜仁さんバイク事故のテレビ放送を見ていたとしたら何を思うのでしょうか。

スポンサーリンク

駒沢幹也さんについて

駒沢幹也

せめて事件の真相でも、と思う遺族を救う形となった駒沢幹也さんについて調べてきました。

駒沢幹也さんは数々の事故を鑑定し、真相を導く「交通事故鑑定人」で、数々の事件を解決に導いてきました。

遺族の気持ちを一番に考えておられたようで、犯人の罪を重くすることよりも、事故の遺族の人に真実を伝えてあげたい、という気持ちで事故鑑定を行っておられたようです。

自身もお孫さんを事故で亡くされているようで、その経験から犯人の嘘の供述は「死人に口なしで、死者にむち打ちをする悲惨な行為だ!」と強く念を押されています。

そんな駒沢幹也さんですが、2006年9月26日に89歳で亡くなられております。

上記の駒沢幹也さんの情報を含め、駒沢幹也さんの人となりがわかるインタビュー記事をみつけました。

興味がある人は一度読んでみてください⇓

石浜事件(石浜仁バイク事故)の犯人は?茨城の飲酒運転を駒沢幹也が鑑定!・まとめ

いかがでしたでしょうか。

本日は、茨城で起こった石浜仁さんバイク事故について見ていきました。

犯人が正直に話さなかったことにより、遺族の方には間違った真実が伝えられていたことが何より残念な事件でした。

駒沢幹也さんの活躍もあり、見事真相にたどり着いたようですが、犯人の刑期を考えると何とも浮かばれない事件ですよね💦

飲酒運転はもちろんいけませんが、不測の事態で事故に巻き込まれることもあると思います。

明日は我が身と思って、石浜事件を教訓とさせていただこうと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
それではまた次回お会いしましょう

 

スポンサーリンク