N番部屋事件の犯人(博士とガッガッ)の名前や顔画像は特定?何者なの?

テレビ
スポンサーリンク

本日は韓国で話題となっているN番部屋事件について調査していこうと思います。

N番部屋事件には犯人と紹介されている人物がいて、N番部屋のチャットルーム創設者の「ガッガッ」と、似たようなチャットルームを作成・利用してお金を稼いでいた「博士」という人物で、かなり非道なことを行っていました。

この「ガッガッ」と「博士」とはいったい何者なのか、名前や顔画像などを調べると、最初は公開されていなかったものの、その後警察により公開されることとなりました。

N番部屋事件は二度と起こってほしくない事件ですので、改めて内容を確認して自分なりにできる対策なども考えていきたいところですね。

✅読んでわかること

  • N番部屋事件の内容とは
  • N番部屋事件の犯人を調査
  • みんなの反応

N番部屋事件の内容とは

N番目事件の内容とはどのようなものか調べたところ、かなりひどい内容となっているようです。

まずは事件について書いていこうと思います!

(概要を飛ばす→博士を調査!

N番部屋事件の概要

ヤフーニュースでも『韓国震撼「n番部屋事件」が社会問題に 会員に個人情報盗ませ女性脅迫か…運営者の「博士」ら逮捕』という見出しで記事がありました。

女性を脅すなどして撮影したわいせつ画像を数十万人がSNSで共有していた事件が明るみとなり、関係者が一斉に逮捕された。
 今月17日に逮捕された20代の男。SNSの会員制トークルームで「博士」と名乗る運営者で、一連の事件の首謀者とされている。 
韓国メディアによると、「博士」は「n番部屋」と呼ばれる複数の部屋を開設。そこでは女性の性的な画像や映像が公開されていた。このトークルームには料金を支払うことで参加でき、20万人以上の有料会員がいたという。

引用:ヤフーニュース

2018年12月~2020年3月に起きた、70名ほどが被害者となったN番目事件。匿名性の強いテレグラムというSNSで犯行が行われていました。

後程説明しますが、正確に言えば博士はN番部屋作成した人物ではないのですが、類似事件ということで犯人と考える見方もあるようです。

事件概要としては”デジタル性犯罪”ということで、ネット上での犯行。

N番目というのは複数存在するチャットルームがあり「1番目の部屋」「2番目の部屋」「~の部屋」・・・・と名付けられていたことから「N番部屋事件」という風になずけられています。

N番部屋事件の内容

博士は犯人の1人ということですが、正確に言うと「博士部屋」というN番部屋と似たようなチャットルームを作成した人物。

N番部屋事件のチャットルーム創設者は「ガッガッ」という人物です。

博士が大きく取りあげられていますが、テレグラムをお金目的で利用し「N番部屋事件」が大きく知られるきっかけとなった人物ということです。

博士は女性にいかがわしいバイトの募集という名目でアルバイトを募集を始めます。

そこに募集してきた女性たちに、自らの顔や体の画像を送らせた後に「家族に見せる」などと脅して、さらに動画などを撮影するように強要していきます。

もちろんこれは収益化を目的としたもので、犯人の博士と呼ばれる人物は、女性を脅して撮影させた動画を有料化したテレグラムで公開し荒稼ぎ。

このテレグラムには博士主催の部屋以外にも60ほどの部屋があり、テレグラムのN番部屋の会員数は26万人にもおよぶといいます。(重複があるため実質3万人ほどと言われている)

26万人(実質3万人)の会員が全て加害者と考える人もおり、会員の情報を公開することも検討されているようです。

※当ブログではかなり表現を柔らかくしていますので、さらに詳細の内容は他記事に詳しく書いてあります。

N番部屋事件の犯人(博士とガッガッ)の名前や顔画像を調査!

N番部屋事件の犯人と言われている、博士とガッガッの情報について調査すると、少しずつ分かってきたこがあるようでした。

特に博士については名前も顔画像も公開されていました。

事件をより知るためにも、2人の情報見ていきましょう!

博士の名前と顔画像は?

顔画像は見つからなかったのですが名前はわかっているようでした!

その後の調査で名前はチョジュビンという人物だと判明しました。

N番部屋事件の博士

名前のみならず顔画像もついに公開されましたので、追記しておきます!

警察も博士(チョ容疑者)の情報公開には慎重になっているようですが、世間では博士含め会員の情報公開を求める署名活動も始めっているようですので、今後特定されることがあるば追記していきます。

 

追記⇓

さらにチョジュビン容疑者についての名前や顔以外の情報も出てきているようですね!

韓国で起こった事件ですが、日本でも起こりえることです。

ネットの使い方には通注意が必要ですね💦

ガッガッの名前と顔画像は?

ガッガッについて調査したところ、この人物はチャットルームを創設した後に他人に譲り逃亡したということ。

危機感を感じての逃亡だったのでしょうか。

罪悪感があるなら創設前に止めてもらいたかったですね。

ガッガッについては現在、警察がSNSなどの情報を元に調査中ということです。

スポンサーリンク

N番部屋事件への反応

会員数の多さや、事件内容の非道さから韓国ではかなり注目されていて、著名人も反応を見せているN番部屋事件。

ネット上ではどのような反応が見られるでしょうか。

  • そして主犯の博士と呼ばれる男の顔が公表されていないなんて。厳しく罰せられるべきでは?

  • N番部屋、博士の部屋の概要があまりにも酷くて吐きそう。昔、日本でも問題になったAV事件と同じようなことが起きてた。今回の被害者には中学生もいたらしく、内容の酷さもあってあまりにもかわいそうでツラい。

  • この事件に関心いただきありがとうございます。ですが博士という犯罪者はN番部屋ではなく博士部屋という似た別のほかの犯罪なのでもしものためここにメンション致しました。N番部屋の犯人はまだ警察が追跡中です

日本でもニュースなどで取り上げられてきていますので、N番部屋事件に対する反応が見られます。

ぜったいに許せない事件なだけに、博士やガッガッの情報を公開するべきだという意見も少なくはないようです。

また芸能人なども情報公開の署名に参加するなど、韓国全体で会員になった人々への見方は厳しいものとなっています。

N番部屋事件の内容を踏まえて思うのが、我々もいつでも加害者にも被害者にもなりえるということ。

ふと見てしまった動画、どうしても気になる動画にお金を使ってしまうこともあるかもしれません。

どんなジャンルであれ、普段見ているネット上での動画を見る際には注意が必要かもしれませんね!



スポンサーリンク

N番部屋事件の犯人(博士とガッガッ)の名前や顔画像は特定?何者なの?・まとめ

いかがでしたでしょうか。

本日は韓国で起きた衝撃のN番部屋事件について書いていきました。

犯人の1人である、博士とガッガッの名前や顔画像が公開される日は来るのでしょうか。

ネット社会で便利なことも増えましたが、注意することも同じだけ増えているように思います。

日本でもN番部屋事件と同様の事件も起きていますので、いつでも加害者になる可能性があると心得て行動する必要があるのかもしれませんね💦

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

それではまた次回お会いしましょう

スポンサーリンク