ガーちゃんが見つかった!ノラちゃんのぬいぐるみの現在とその後とは!

ガーちゃん
スポンサーリンク

本日はSNS上でも話題となった、スペインの当時3歳のノラちゃんが日本で紛失したぬいぐるみガーちゃんの現在とその後を調べてきました。

ガーちゃん捜索はテレビ番組の「アリガト!JAPAN 助けてくれた日本人を捜しています」でも放送されています。

どうやら現在の情報によるとひとまず決着がついたようですが、barefoot(ベアフット)という会社のデザイナーさんが関係しているのだとか?

ガーちゃんは見つかったりノラちゃんの笑顔は戻ってきたのですが、その内容とは?

✅読んでわかること

  • ノラちゃんがガーちゃんを探す
  • ガーちゃんは現在見つかった?
  • ガーちゃんのその後
  • ガーちゃんのデザイナーとは

ノラちゃんがぬいぐるみのガーちゃんを紛失

2019年7月にSNSのツイッターを中心に「#ガーちゃんを探せ」で話題となりました。

日本に旅行で訪れていた当時3歳のノラちゃんは、タコのようなぬいぐるみのガーちゃんを上野公園付近で紛失してしまいます。

これを見た日本人がツイッターですかさず拡散!

SNS上ではタコのぬいぐるみガーちゃんの捜索が始まるのです。

ツイッター上で話題となり、テレビ番組でも話題のニュースとして取り上げられていました。

数か月後ほどは話題をよんで捜索されたのですが、その後もガーちゃんを発見することはできず💦

両親とノラちゃんはその後帰国するも忘れることができずに、ツイッター上ではずっと捜索されている状態だったのです。

ガーちゃんは見つかった?現在とその後の様子を調査

どうやら現在の様子を調べてみると、ガーちゃん見つかったようです・・・が厳密にいうとみつかっていません💦

しかし、捜索開始後のツイッターにはノラちゃんがガーちゃんを抱きしめる姿が・・・いったいどういうことなのでしょうか?

ノラちゃんの笑顔が戻った!

まずはツイッターを見ていこうと思います。

そこにはしっかりとガーちゃんを抱きしめるノラちゃんの姿があります!

嬉しそうで何よりですね^^

どうやらこれ、ノラちゃんの両親がガーちゃんを作った会社を発見して、デザイナーさんに同じものを作ってもらったようなのです。

ツイッターに書いているように、「Barbara Sansoni(バーバラサンソー二)さんという人が作ったBarefoot(ベアフット)という会社のスリランカ人」が作ったようで、もう一度作ってもらったようですね。

当時全く同じものでないことに、ノラちゃんの反応が怖かったようですが、喜ぶ姿をみて一安心したといっておられます。

と同時に「私たちは日本に恋しました。ありがとう」と嬉しい言葉も添えられています。

ガーちゃんは現在どこに?その後の調査

しかし、本物のガーちゃんはどこに行ったのか。

現在の様子、その後の情報をSNSで探してみましたが見つかりませんでした💦

もう半年以上見つからないので、今後も見つけることは難しいのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ガーちゃんを作ったデザイナーとは?

ガーちゃんを作ったBarefoot(ベアフット)のスリランカ人デザイナーですが、さすがに名前まではわかりませんでした💦

しかしながら、Barefoot(ベアフット)のインスタやホームページがあって、そこにはたくさん可愛いぬいぐるみなどが出てきました。

ノラちゃんが夢中になるわけですね!

中にはなんとなく色がガーちゃんっぽいぬいぐるみも・・・w

 

この投稿をInstagramで見る

 

BAREFOOT(@barefootceylon)がシェアした投稿

そんな可愛いbarefootの商品は『barefoot スリランカ』で下記リンクより検索することができます。

ガーちゃんが見つかった!ノラちゃんのぬいぐるみの現在とその後とは!・まとめ

いかがでしたでしょうか。

本日は「アリガト!JAPAN 助けてくれた日本人を捜しています」でも取り上げられた、3歳の少女ノラちゃんが探すガーちゃんについて調べてきました。

見つかったのは本物のガーちゃんではないようですが、ノラちゃんも嬉しそうでよかったですね^^

デザイナーさんを見つけた両親も、もう一度ガーちゃんを作ったデザイナーさんも凄い!

ツイッターは炎上などして問題となることも多いですが、このような使い方ができる場所ですので、これからは有効に使わないと・・・と3歳の少女が教えてくれたのだと思います。

アリガト!JAPAN 助けてくれた日本人を捜しています」では他にもいくつか日本人捜索をされるようです。

>>2か月の漂流から救った、わかば丸(ワカバマル)船長とは?

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
それではまた次回お会いしましょう

スポンサーリンク