海王丸座礁事故のその後と現在!船長池田重樹と訓練生を調査!

海

本日は「土曜プレミアム・報道スクープSP 激動!世紀の大事件7」でも放送されます、海王丸座礁事故の真相を書いていこうと思います。

海王丸座礁事故は2004年に起こった事故なのですが、ドラマや映画にもなって、一躍大人気となった「海猿」が大活躍した事故なのです。

台風の影響もあり起きたと言われている、海王丸座礁事故ですが、船長の池田重樹さんや訓練生は現在どうしているのか、事件後どうなったのか書いていこうと思います。

✅読んでわかること

  • 海王丸座礁事故の概要
  • 海王丸座礁事故の訓練生のその後と現在は?
  • 海王丸座礁事故の船長・池田重樹のその後と現在は?

 

スポンサーリンク

海王丸座礁事故の概要『土曜プレミアム』

海王丸座礁事故は土曜プレミアムで「タイタニック級の恐怖」ということで取り上げられています。

海王丸座礁事故には167人もの訓練生などが乗船していましたので、このようなネーミングがされているのでしょう。

167人もの人が乗った海王丸がなぜ座礁事故を起こったのか、見ていこうと思います。

海王丸座礁事故の概要

海王丸座礁事故は2004年の10月20日に起こります。

”海の貴婦人”とも呼ばれた大型帆船の海王丸が富山港で座礁。

事故当時、航海士を目指す訓練生や、3泊4日の航海体験を行う社会人の人達も載っていたようです。

訓練生など含め167人が乗った海王丸は、座礁によって海水が船内に流れ込んできて首のあたりまで達します。

その後救出すべく立ち上がった海猿が大活躍!

訓練生たちは死への恐怖と戦いながら、救出を待つのでした。

海王丸座礁事故の原因は船長?

どうやら海王丸座礁事故の事故の原因は船長の判断ミス・・・というのも要素の1つとしてあるようです。

もちろん一番の要因は台風にあったのでしょうが、船長の池田重樹さんの判断ミス・・・という風にも取れます。

当時船長を務めていた池田重樹さんですが、台風が迫っていることは承知だったのですが、訓練生や研修生の事を考えて船を降りないことを決断。

どうやら24日で予定されていた一般公開やなど、行事にも影響を及ぼさないような方法をとることも視野に、錨泊を決断したといっておられます。

しかし、富山湾は砂地が多いようでイカリがうまく機能しなかったんですね。

その結果、船が台風にあおられて海王丸座礁事故が起こってしまったのでした。

海王丸座礁事故の訓練生のその後と現在は?『土曜プレミアム』

そんな海王丸座礁事故ですが、その後一人の犠牲者も出すことなく無事に救出されています。

さすが海猿ですね♪

これだけ大規模な座礁事故にも関わらず、167名もの多くの命が無事に助かったことは奇跡だといえるでしょう!

救出された訓練生の中には骨折している人などもいたようですが無事のようです。

現在そんな訓練生たちがどうしているのか、その後どうなったのか気になりましたので調べてみたのですが、167人もの数ですので、記録はほとんど残っていませんでした💦

しかし、調べていると当時19歳で訓練生として乗船していた宮﨑早希さんという方がインタビューを受けておられることが発覚しました。

残念ながら、インタビュー内容は海王丸座礁事故の内容のみで、事故のその後や現在の職業などは記されていませんでした。

しかし、自身の怖い体験を振り返れるほどですので、現在は元気に回復されているのではないでしょうか?

もしかすると、海王丸座礁事故という事故を乗り越え、当時救出に来てくれた海猿にあこがれて海猿を目指した人もいるかもしれませんね!

スポンサーリンク

海王丸座礁事故の船長・池田重樹のその後と現在は?『土曜プレミアム』

海王丸座礁事故の船長がその後どうなったのか、現在の様子も調べてきました。

どうやらこの時乗船していた船長の池田重樹さんと一級航海士には罰が与えられたようでです。

下記の記事をみつけました。

審判では、「船長は十分余裕のある時期に避難せず、一等航海士もそれを進言しなかった」などとして、元船長に2ヶ月の業務停止、一等航海士に戒告の懲戒処分を求めた様です。この場合の審判の結論ですが、とても厳しい審判とも言えますし、逆に全員の生命を預かるキャプテンの判断ミスともいえる難しい状況が伺えます。

引用:https://www.brainsellers.com/cuttysark/2005/11/post_191.html

この業務停止というのは事実上の免許取り消しのようで、海王丸座礁事故が起きた当時の船長池田重樹さんは免許取り消しとなったようです。

海難事故は人災ともとれるし、災害ともとれる要素が多い場合が多く判断は難しいようですが、命に係わるよう事例が多いので、深刻に考えられているようです。

船長の池田重樹さんがその後どうしているのか、現在の状況を探ってきました。

池田重樹さんですが、海王丸座礁事故の後の航海の記録は発見できませんでした💦

その後船に乗るのはやめたと可能性が高いのではないか・・・と思われます。

さらに調べていると、現在(株)エム・オー・エルマリンコンサルティングという船関係の会社で論文を書かれているかもしれません。

顔写真などが無いので特定はできませんでしたが、池田重樹さんという人物が書いた論文がいくつか見つかりました。

海王丸座礁事故のその後と現在!船長池田重樹と訓練生を調査!・まとめ

いかがでしたでしょうか。

本日は海王丸座礁事故のその後と現在について探ってきました。

やはり一般の人ですので、訓練生や当時船長を務めた池田重樹さんの情報などは薄かったのが事実です。

しかし、ながらここまで大きな事故だったにも関わらず、犠牲者が出なかったのが不幸中の幸いです。

今後も海王丸座礁事故のような事故が起きないように祈るばかりです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
それではまた次回お会いしましょう

スポンサーリンク